初めての単身赴任!気をつけたい3つのポイント

家財道具の購入は控えめに

単身赴任先の住まいが決まると、ある程度は家財道具をそろえる必要があります。このとき、家財道具を買い込みすぎないことをおすすめします。単身赴任の期間がどれくらいになるかわかりませんが、いつかは本来の住まいに戻る日が来ます。増えすぎた家財道具は処分しなければいけなくなるかもしれませんし、引っ越し作業が大変になってしまうことも考えられます。特に食器類や収納家具類は増やしすぎないほうがいいかもしれません。

家族とのコミュニケーションはしっかりと

単身赴任が始まると、本来の住まいに戻りにくい状態になります。赴任先と住まいとの距離によりますが、1ヶ月に数回、あるいは数ヶ月に1回しか帰宅できないかもしれません。このような状態で気をつけたいのは、離れて過ごす家族とのコミュニケーションです。触れあう時間が少なくなると、特に子どもとの関係が悪くなってしまう場合もあります。幸い、インターネットが発達した今であれば、メールやビデオチャットなどでコミュニケーションをとりやすくなっているので、ぜひ活用してください。

食事と休息で体調を整えよう

単身赴任の状態は、結婚前のひとり暮らしのような状況になるため、食事や休息がおろそかになりがちです。また、家族と離れて過ごすことがストレスを強くしてしまうこともあります。心身の健康を保つため、仕事で成果を出すためにも、食事と休息はしっかり取るようにしてください。自炊に慣れていない場合は、赴任後の早い段階で簡単に調理できるレシピをいくつか覚えたり、バランスよく栄養を取れる料理を出す店を開拓しておくことが大切です。

単身赴任の家具に関しまして、やはり単身赴任中の家具や家電は、立派な物は、揃えない方が良いです。すぐに売れる物が良いです。